小西 優矢 | 株式会社求人センター採用ページ

ENTRY

ENTRY

小西 優矢 - YUYA KONISHI -

「まずはやってみよう」という姿勢。
これが何より大切にしている私のポリシー。
それがあったから、この仕事の楽しさが
わかったと思ってます。
体当たりで体感してきたこの会社の
魅力や仕事のやりがいを、あなたに伝えます。

- YUYA KONISHI -

小西 優矢

2012年 入社

エリアマーケティング1部 営業2G 北摂西T プランナー代理

ごまかしなく接してくれたから、入社を決めた

就職活動のときには特に業界もしぼっておらず、なんとなく営業かなぁ…というぐらいの指針で会社を探していました。ただ、どんな業界に行くにせよ、いつかは経営者になりたいという漠然とした憧れがあって、たくさんの経営者に会える企業にエントリーしていました。いくつかの企業から内定をいただいていましたが、そのなかに、選考が進むにつれて条件が変わっていく企業がありました。そのせいで企業に対する警戒心が高まっている状況での就活になってしまったんです。そんななか、面接でざっくばらんに、こちらの目線に合わせて話をしてくれたのが求人センターでした。その後の営業同行でご一緒した先輩もとても人柄がよく、最終的に「信用できる人たちがいる会社かどうかで判断しよう」と思い、ここに入社したんです。

商品でなく、人で選ばれる仕事

単純に求人広告を出したいというだけなら、依頼できる会社はたくさんあります。商品力はみんな平等。だからこそ営業の提案の内容、寄り添う姿勢、採用へのこだわりで選んでもらえる。実際、今までにお客様から「小西さんだからお願いしている」と言っていただけたことは何度もありますし、そのたびに大きな喜びを感じています。しかも、採用というものはお客様にとって事業を左右する重要ごと。人が足りなくて事業が進まない、従業員の負担が増えるといったことは死活問題です。だから、自分たちは本当に責任のあるお仕事を任せていただいていると思いますし、そのプレッシャーがあるからこそ達成感がある。実際に採用された求職者の方とお会いしたときには「人の人生にも大きく影響を与えているんだな」と感動します。

自分の可能性をひろげるためにも「やってみよう」の精神で

仕事の魅力を求職者に伝えるのが私たちの仕事。とはいえ、どんな仕事もやってみないと本質は掴めないのも事実。さらにいえば、私は「面白い仕事なんてない。仕事を面白くできるのは自分自身だ」という考え方です。そして、どうすれば面白くできるかなんて、一度全力で仕事に向き合わないとわからないと思うんです。だから、まずはやってみる。私はいまプランナーとしてメンバーをマネジメントしていますが、その立場になって「やりたいことは、できることが増えることで見つかるんだな」と実感することが増えました。「やりたいことが見つからない」「うまくできるかわからない」それなら、まずはやってみましょう。本気でやれば、必ず手に入れられるものはあります。求人センターはそれが叶う会社です。だって、私がそうでしたから。