可児佑規 | 株式会社求人センター採用ページ

ENTRY

ENTRY

可児佑規 - YUKI KANI -

「カニさん?珍しい名前だね」とよく言われるけど、
お客様にすぐ覚えてもらえる自分の名前は
お得だと思っています。
そこから「お客様に必要とされる存在」へと
関係が深まっていく、その楽しさや方法をお伝えします。

- YUKI KANI -

可児佑規

2016年 入社

戦略推進G 渉外T プランナー

事前に営業同行したことで、入社後の仕事のイメージが持てたこと・対等な面接

【営業同行】
実際に営業の先輩に同行させてもらえたのが大きかったです。商談や既存顧客へのフォロー訪問をする先輩(女性)が本当にかっこよくて。お客様の話す悩みに親身になっている姿を見て、私もこんな仕事がしたい!と思いました。

【対等な面接】
面接で、緊張している私に「お互い選ぶ立場だからね。」と対等に接してもらえたのが嬉しかったです。会社の良いところ、悪いところを赤裸々に教えてくれたので安心して受けることができました。おかげで入社後のギャップも全然ないです。内定を貰えた時は、「他社さんも受けられていると思うから返事は後日でも大丈夫」と言って下さったのですが「他は全て断ります」と即決でした(笑)。
見出し:入社してみて、感じた事、想像とのギャップなどはあったか。

お客様が自分を必要としてくれるから!

この仕事をする前は正直、営業って、一方的な売り込みをする仕事だと思っていました。ところが、仲良くなってくるとお客様の方から色々なお話をしてもらえるように。求人や人材のお悩みはもちろんですが、「春から娘が就職やねんけど、●●の仕事ってどんな人が向いてるんやと思う?うちの娘大丈夫かな?」と相談を受けたり、「最近TVで良く見る、あの芸人おもろいなぁ!」なんて話で盛り上がることも。八百屋さんから、「いつもありがとう!」と野菜を頂いたこともあります。新人の時は怒られることもたまにありましたが(笑)そんなお客様もずっと仲良くして下さっています。「可児ちゃんだからこそ頼みたい」と言ってもらえると本当に嬉しくて。自分がお客様に誠実に向き合えば向き合うだけ、信頼関係が出来ていくのが楽しいです。
見出し:これからは入社する求職者へのメッセージを想定しています

「今、自分はどうしたいのか」を考えてみてください

多分、将来やりたいこと・なりたい自分って、時間が経つほど、出来る内容が増えるほど、変わっていくものなのではないでしょうか。それが成長してきた証でもあると思うんです。なので、私は「将来どうなりたいか」より「今、自分はどうしたいか」を軸に置くタイプです。直観まかせのように感じられるかもしれませんが、いま自分の目の前にあるものを見つめることは、とても大切だと思います。他の誰かが言っていることやネットの情報とむやみに比べたりせず、自分にとってその仕事が良いと思うか・悪いと思うか。それを大事にしてほしいなと思います。悩むことも多いでしょうけど、「やってよかった」と思える仕事に出会えますように。 応援しています!