水川  翔 | 株式会社求人センター採用ページ

ENTRY

ENTRY

水川 翔 - SHO MIZUKAWA -

器用な人間には、きっとなれない。
でも、不器用ながらも
まっすぐ進み続けられる人間になら変われる。
そんな私の歩みに対して、面接で初めて訪れた時から、
今までもずっと背中を押し続けてくれているのが、
この会社なんです。

- SHO MIZUKAWA -

水川 翔

2018年 入社

エリアマーケティング2部 営業4G 岡山T

ありのままの自分を引き出してくれた

いざ転職しようと考え始めると、どんな仕事がしたいかのかはっきりと分からない。そんなことはありませんでしたか。実は私もそうでした。誰かの役に立つ仕事がしたいと、漠然とは考えていましたが、何をしたらいいか分からない。そんな時、自分と同じように悩んでいる人もいるのではないかと思い、求職者と企業の架け橋となれるこの仕事に出会いました。そのときは「これしかない!」と強く感じました。求人広告の提案営業は他の会社でもありますが、その中でこの会社を選んだ理由は、面接の際に言われた言葉が刺さったからです。緊張してうまく話すことができない私に面接官が「この先ずっと一緒に仕事をしていくわけだから、ありのままをさらけ出して欲しい」と一言。そんな言葉を面接で言ってくれた会社は他になく、ここでなら人として成長できると思って、入社を決意しました。
見出し:転職をする前の心境や、決心した時の事などを想定

成長の実感が、いつまでも背中を押してくれる

前職は配管工で営業職は全くの畑違い。そのため、実際に営業をしていく中で分からないことがたくさん出てきます。その度に、どうしたらよかったのだろう…と悩むこともありますが「人の役に立ちたい!」という一心でとにかく行動しました。壁にぶつかる度に反省し、改善策を考え、それを試す。この繰り返しです。がむしゃらに行動し続けた結果、入社3か月で社内の新規件数トップ賞を取ることができました。やったらやっただけ、結果として返ってくるものなのだと感じました。もちろん、今もがむしゃらにし続けているわけではありません。トライ&エラーを繰り返して、そのたびになりたい自分に近づいています。仕事を通して得られる成長を実感できているからこそ、いつまでも行動することを続けられているのだと思います。
見出し:転職を考えている求職者へのメッセージなど

「なりたい自分」を実現できる会社!

目標を持ち自分から仕事に取り組むのと、なんとなく与えられた仕事をこなすのとでは、楽しさ・やりがいが全然違うと思います。自分が将来なりたい姿を決め、それを実現するために何をすればいいのか。私自身、前職が全くの畑違いだったため、営業職でやっていけるか正直不安でした。それでも「人の役に立ちたい!」という一心で、周りの力を借りながらいろいろな壁を乗り越えてきました。初めてお客さんの採用成功のお手伝いができたときは本当に嬉しかったです。同時に、もっと自分の行動で困っている人の役に立ちたいと強く思うようになりました。求人センターには頼れる先輩がたくさんいます。今目標がある方もそうでない方も必ず成長していける職場だと思います。皆さんと一緒に仕事ができることを楽しみにしています!