山下勇輔 | 株式会社求人センター採用ページ

ENTRY

ENTRY

山下勇輔 - YUSUKE YAMASHITA -

- YUSUKE YAMASHITA -

山下勇輔

2004年 入社

戦略推進G 渉外T プランナー

いままさに世の中に広がりつつあるindeed。このサービスが日本に上陸すると同時に、専門に扱うindeed事業部を立ち上げました。思えば私が入社した当初はタウンワークが誰にも知られていなかった時代。あの頃のような「新しい領域を開拓している」という感覚を味わえる喜びを伝えたいです。

ゼロから事業を立ち上げる面白さ

あるものをどう伸ばすか?よりも無いものをゼロから作り上げる。というのは非常にシビアな事と捉えています。進捗や結果はすべて白日の下にさられされるわけですし、成果の良し悪しはすべて自分次第。長い間、自組織の売上をどう伸ばしていくか?また自組織のメンバーをどう育成していくのか?という立場に身をおいていましが、その中で自分の至らなさを感じ、不安を覚える事も多々ありました。Indeedの事業立ち上げの話を聞いた際、改めて自分自身の力で、対お客様、対社内、広くは対社会に於いて、どこまでの成果と影響力を発揮できるのだろうか?新たなチャレンジを出来る絶好の機会と捉え、ぜひやらせてもらいたい!と思いました。新しい事に挑戦する刺激的な機会を与えてくれた会社に感謝しています。

成長や進化に限界がない

入社当初、有料誌や折込チラシが採用ツールの主流。タウンワークの様なフリーペーパーですら「そんなんで人採用できるの?」と言われた時代。それからわずか数年で、ネットの求人サイトが台頭し、年々競合各社が競い合うように、時代の流れにあわせ多様な商品展開。求人誌やサイトに頼らない、オウンドメディアやダイレクトリクルーティングなる採用手法も注目される昨今。また待っているだけでご依頼いただける程の採用好景気から、どうあがいてもご依頼が中々いただけない不況も経験。その景気にあおりを受ける採用市況の変化、働く人の仕事観の変化。企業様に求められる人材ソリューションの多様化etc。ITや携帯のインフラ業界と同じくらい、人材採用というマーケットは目まぐるしい変化が起こってきた業界と認識しています。時代化に合わせ、自身をどれだけ進化させる事ができるか?成長に終わりの無い業界というのが、とてもやりがいがある業界だと感じています。

好きを仕事に!ではなく仕事を好きに!

自分の好きな事や、得意な事に取り組んでいる時間って楽しいと思いませんか?ちょっと時代が古いですが、友人宅でテレビゲームをしたり、プラモデルを作っていたらいつの間にか夜になっていた。なんて事が小さい頃しょっちゅうでした。野球は得意ではないので気乗りしませんが、サッカーが得意なので誘われたら必ず行きました。これって好きなものには夢中になれるしやりたい!って思うからだと考えています。だから仕事を好きになってください。そして仕事を好きになる為に得意になれば良いとも思っています。もちろん大変な事も多いし、失敗もたくさんする。でも努力をすればいくらでも成長は可能だし、大変な思いをした先には、お客様に感謝してもらえたり、営業として評価してもらえたり。。。たくさんの成功体験が待っていて、それが自身の成長に必ずつながります。成長に限界が無く正解がひとつじゃない。そんな人材業界の面白さを一緒に追い求めていきましょう!