山根小百合 | 株式会社求人センター採用ページ

ENTRY

ENTRY

山根小百合 - SAYURI YAMANE -

- SAYURI YAMANE -

山根小百合

2016年 入社

エリアマーケティング2部 営業3G 中央区・西区T

思い返してみれば、未体験のことや、今はまだできないことに自分の意志で踏み込み続けてきた。最初は営業アシスタントとして入社したけど「なにごとにも受け身な自分」を変えたくて、営業に転身。ここに入社する前の私が今の自分を見たら、どう思うだろう。

ちょっと無理そうなことをやってみよう!と思ったから

私は営業アシスタントという内勤職として中途入社しました。 特にコレといったきっかけはなかったのですが、ふとした瞬間に、私って何においても受動的に過ごしているなあ…と感じました。 就職活動中にも感じましたが、常にできる範囲で物事を進めてきたので、「コレを頑張った!」「ココはだれにも負けない!」と自信を持って言えることがありませんでした。 そんな中で当時の上司と仕事とは関係のない世間話をしていた時に、こんなことを言われました。 「自分の足りていない部分を埋めるためには、背伸びをしてでもちょっと難しそうなことをやってみないと、ずっと埋まらない」今思い返すと、この言葉も今後のことを考えるきっかけになったと感じます。 その後、人事兼キャリアコンサルタントの上司に相談したところ、「営業」という選択肢があることに気がつき、数ヶ月悩んだ後に、初めての背伸びである営業へのキャリアチェンジを決めました。

自分で「やる!」と言ったから

上記にも記載した通り、自分から言い出してキャリアチェンジをさせてもらったので、営業になる前に「この期間は絶対に辞めずにこのお仕事を頑張る」、と決めました。 その中で自分の強みや自信になる部分を見つけたいなと思います。 社会に出ると、本当に沢山の出会いがあって今まで出会ったことのないような方も沢山いて、すごく狭い中で生きていたんだなあとよく感じます。 求人センターに入社して、私の成功や目標達成、小さな日々の成長をまるで自分のことかのように喜んでくれる先輩に出会いました。 その方の存在も、お仕事を頑張れる理由の1つです。 また、採用に関するお悩みだけではなく、お客様がどんな理由で、 どんな経歴でこのお仕事をされているのか、 この店名の由来は…など様々なお話を伺える。 このお仕事をしていなかったら関わりがなかったであろう方と 知り合えるのも、このお仕事の楽しさだと思います。 1社でも多くのお客様と1人でも多くの求職者の方のご縁を結んでいただくお手伝いができるよう、今後も頑張りたいです。

みんなでサポートしてくれる会社です◎

面接の中で正直に、「自分はコレができます!と自信を持って言えることはありません」と話していたのに、「それをこの会社で一緒に見つけよう。見つけられるまでサポートをします。」と 合格通知と一緒に心強い言葉を頂きました。 私はまだそれを探している途中です。 日々の生活の中で色んなことがありますが、これからも笑ったり、悩んだりしながら見つけようと思います。 もしも私と同じような気持ちを持っている方がいらっしゃっても、寄り添ってくれる上司や先輩がたくさんいるので安心してください! 自分の中で考えて考えて、 それでもどうしても答えが出ない時に、 自分で答えが出せるよう、寄り添ってくれる人が社内にいる、それだけで安心してとことん悩めると思います。 皆さまと一緒にお仕事をできることを楽しみにしております。